ヨガ初心者【体硬い×股関節開かない】ヨガポーズで便秘も治った体験

ヨガ

◆お悩み内容

 

すごく身体が硬いけれども、ヨガを始めたらツライですか?

・開脚できない
・筋力もない
・腰痛もヒドイ
・生理痛がひどい
・代謝が悪い
・肌の調子を良くしたい…

こんなに問題多いけど大丈夫???

 

というお悩みを解決します!

 

本記事の内容 / 目次
◆ヨガ初心者が体硬いときは、股関節から柔らかくした方が良い理由
◆初心者のためのヨガポーズ(下半身)
◆ヨガで便秘が治った体験談と3つのコツ

 

◆自己紹介

 

KEIKO
KEIKO

こんにちは。KEIKOと言います。美容師・ヘアメイクアップアーティストを20年ほどやっており、コテコテの美容家。

2014年にヨガを習い始め、現在6年目。週5日ヨガスタジオに通いました。

腰痛改善することが目的でしたが、-13㎏の減量に成功!

風邪を引きにくくなり、身体が丈夫に!

身体のほぐし方を覚えて、凝りやリンパの流しが簡単にできるようになりました!

 

Sponsored links

ヨガ初心者が体硬いときは、股関節から柔らかくした方が良い理由

柔らかさを高めるにあたって、全身の中で一番むずかしく…でも効果が高い場所は、「股関節」「背中」です。

広範囲にわたる筋肉の量が理由です。筋肉は固まりやすいですから、ケアが大事。

その中でも、『股関節』から柔軟性を高めるアプローチをした方が良い理由が4つありますので、説明します。

① 排泄に近い場所(デトックスしやすい)

排泄機能に近いところなので、リンパの流れを少しよくしただけで、解毒できやすいです。

身体の老廃物を、一番排泄機能から近いところから出す。それだけで、スッキリ感の体感がしやすいです。

排泄をできるってことは、肌のコンディションも良くします。肌荒れ、ニキビ、吹き出物などを出にくくさせます。

『 結果が出やすい(体感) = 継続する = モチベーションアップ 』にもなります。

② 足に蓄積される→滞らせない道づくり

重力の問題で、足に老廃物、疲れ、むくみ…、とにかく溜まりやすいです。

足の筋肉がある人は、むくみ知らずの方が多いですが、足が浮腫まなくても、柔軟性を高めて、血液をどんどん回してあげることは良いことだらけです。

✔ 免疫力アップ
✔ 冷え性改善
✔ 怪我をしにくくなる

③ 体の不調は足からくることが多い(腰痛・肩こりなど)





足が弱いから、足を怪我したことがあるから…という理由で、かばってしまい、腰に負担がかかることがあります。

腰に負担がかかると、足よりもツライです。

✔ 寝ている状態がイタイ
✔ 起き上がることが苦痛
✔ 睡眠不足
✔ ストレス

なので、足をしっかり柔軟→筋力アップさせることが大事です。

④ 下半身は『基盤』である【第一チャクラ】

第一チャクラを開く。というヨガをやっているとよく聞く言葉があります。

肉体的には…

★ 骨
★ 血液
★ 免疫システム
★ 結腸
★ 直腸
★ 足

内面的には…

★ 食べ物の欲求
★ 暖かさの欲求
★ 快適さの欲求
★ 世の中の敵対的なものから守られる欲求
★ 地に足がついた感覚

平穏さ、安心感、根本的な満足感を感じるようになります。

逆に基盤のバランスが崩れているとどうなるのか…

・ 臆病さ
・ できない、しない、やらない、恐れている
・ 満たされない心
・ 心配
・ 孤独感

…と、とても残念なことばかりです。

トラウマや、雑念を取り払うためのヨガでもありますので、ぜひ、自分の悩みを吹っ飛ばすくらいの気持ちで、向かうと良いです。

初心者のためのヨガポーズ4つ!(下半身編)





徹底的に、下半身をゆるめることが大事ですので、やってみましょう!

各ポーズ、選んだ理由や注意点がありますので、そちらもご確認ください。

① 【ねじりのポーズ】シンプルツイスト・スパイナルツイスト

腰に関わっていますが、お尻の筋肉ほぐし、太ももの裏伸ばしに効果があります。

主な効果

✔ 腰痛を緩和させる
✔ 全身の疲労を緩和させる
✔ ウエストを引き締める

※参考)『 ツイスト 』のやり方
≫≫ねじりのお腹痩せ運動で、簡単で効果的な腰痛改善とコアを鍛えるやり方とは?

② 片足ずつ開く(片足開脚)

片足ずつ、横180度に開き、伸ばす練習です。深い息を吸って吐いて、なるべくじっくり長くやり続けることです。

キツくても、『 鼻から吸って、鼻から吐く… 』

注意点
肩こり、腰痛を持っている人は、肩までビリビリっと来るかもしれません。そんな時は5秒だけでも良いです。自分でクリアできる時間・呼吸回数を決めて、達成感を経験してください。

※参考)『 片足開脚 』のやり方
≫≫片足開脚が出来ない理由は?前屈とねじりで腰痛改善して柔軟を高める方法

③ 合蹠のポーズ

座位の状態、あおむけの状態、どちらでも大丈夫です。

がっせきのポーズをやって、膝が床につかないことを気にしない方が良いです。いずれできるようになりますから。

※参考)『 合蹠のポーズ』のやり方
≫≫硬い股関節…つまりを抜くヨガ『合蹠のポーズ』効果と解消のコツは?

④ 英雄のポーズ1、英雄のポーズ2(ウォーリア1・2)

唯一、立位のポーズを入れました。

股関節を開く=横180° が、全てではないからです。

前後180° で、足の裏側を一気に伸ばすこと、足首アキレス腱も丈夫になります。

また、筋力アップにもなります。

※参考)『 ウォーリア1』のやり方
≫≫【ウォーリア1】太ももの筋トレで簡単ダイエット!股関節を開く『英雄のポーズ1』

※参考)『 ウォーリア2』のやり方
≫≫【ウォーリア2】は股関節を開いて太もも痩せになる?家で簡単下半身トレーニング『英雄のポーズ2』

ヨガで便秘が治った体験談と3つのコツ





ヨガをやってよかったのが、便通が良くなったことでした。

最初は、腰痛改善を目的として習い始めましたが、ヨガをやり始めてすぐに体感したコトの一つに、トイレの回数が増えたこと!

それは、ホットヨガ、常温ヨガ…関係なく、ハタヨガ程度のゆったりとしたヨガで体感をしております。

ただ、その際気を付けたコトがあります。その3つを説明します。

① 陰ヨガに専念した

最初は、『え?』って思った陰ヨガ。汗一つかかない陰ヨガ。そんなんで身体は柔らかくなるの?…と不安で抵抗がありました。

ですが、やり始めて気づいたのが、3分間も同じポーズでホールド状態でいることで、『じわ~っ』と来るのです。自分の身体の硬さ(弱点)に気づく機会でした。

② 自宅で毎日練習した

自分の思うがままに自宅で練習をしました。『マイソール』のように、リードなしで練習する方法も入れました。

苦手な開脚は、やはり毎日練習が必要でした。せっかく柔らかくなった体は、20分もすれば元に戻りたがります。

1時間デスクワークをすれば、同じ姿勢で座りっぱナシなしなので、再び体の老廃物・血液の循環も悪くなり、滞りやすくなります。気が付いた時に身体を動かすことが大事です。

数分程度~30分くらいまでなら、最近は動画が沢山ありますので、それを流しながら練習すると良いです。

おすすめの動画を初心者向けで選びました。ぜひ参考にしてみてください。

※参考)
≫≫わかりやすいヨガ動画【初心者が自宅で始める前に知りたいこと】

③ 呼吸法を学んだ

これが一番手っ取り早かったです。スタジオレッスンで、インストラクターの先生が、『吸って~、吐いて~』とテンポを整えて、リードしてくれます。その感覚をなんとなく覚えておいて、自宅で呼吸法の練習をしたりしました。

ポーズをとっている時、『 硬くてもうこれ以上動かない… 』と思ってても、深い呼吸ができるようになれば、呼吸と共に一緒に身体が、やわらかくなります。

呼吸法ができると、内臓の元気、脳の元気にもなります。また、呼吸法を深めて、瞑想ができるようになると、心が安定し、穏やかで、冷静な判断ができるようになります。

また、血液の循環がよくなるので、代謝が良くなります。冷え性の方とかは、生理痛もヒドイ傾向にありますが、血の巡りをよくしてみることです。

鼻呼吸は、口呼吸よりも、酸素をたくさん取り入れることが出来て、その酸素が、血流を回します。老廃物も流す力を持っています。
※参考)
≫≫瞑想のやり方は朝と夜では違いは?【ヨガ体験談と呼吸法】

まとめ…緊張感を持たないコト

① 呼吸法を学ぶこと
② リラックスした状態であること
③ 毎日、体を動かしてみること
④ 下半身からゆるめて、デトックスをすること

ヨガを始めたばかりだと、身構えてしまう傾向にありますが、その心配はいりません。まずは、緊張せず、周りを気にせず、『自分の今この瞬間、この状態を知ること』です。

その中で、明日は?明後日は?と、1mmずつでも良いので、少しの気づき、少しの進歩があることが、ベストです。

大技をいきなりやる人はいなくて、『 2年かけて基礎を学ぶ! 』くらいの考えで良いです。

ヨガはインストラクターになれるまでも3年5年とかかったりするものですし。早い結果ばかりを狙うと、ケガしますので注意が必要です。

集中という意識の時間を持つ

ヨガは、あなたを強くする

一生役に立つ
とっておきの『おうちヨガ時間』

※参考)
≫≫ヨガ初心者【体が硬い人用ポーズ】おすすめ練習方法と続かない時の対処法


コメント

タイトルとURLをコピーしました