ストレッチ 流行りモノ 、おすすめ

ジャンピングゴリラスクワットが効く!ダイエット中の停滞期から早く脱出する方法

ダイエッターにとっては本当にツライ停滞期…。
毎日体重計に乗っては減った数字を見てモチベーションを上げているのに、何も変化がない…

となった時の残念さは何とも言えませんよね。

このまま一生痩せないのでは?

とまで思ってしまうこともあると思います。

これからお話しするのは、そんな停滞期を一気に吹き飛ばしてくれるトレーニングについてです。

停滞期はいつやってくるのか?

通常、12か月で停滞期が始まります。(ダイエットのやり方にもよりますが。)

体質とかの個人差もありますが、極端な食事制限をしている場合は、早ければ2週間目~やって来ます。

元々の体重の約5%あたり減ったところでやって来ます。

停滞期になりやすいダイエットとは?

 

①炭水化物抜きダイエット
②糖質カットダイエット
③断食

食事制限系は、先ず間違えなく停滞期を経験します。

 

停滞期からいつ脱出できるのか?

2週間~1か月間くらいかかります。

長いですね…。

ジャンピングゴリラスクワットのやり方

吉川メソッドの、ゴリラスクワットの紹介です。

先ず、ゴリラスクワットのフォームが作れるようになりましょう。

ジャンピングの動画はありませんが、飛ぶだけなので簡単です。しかし、ゴリラスクワットの上級編になりますのでとてもキツイです。

ジャンピングゴリラスクワットが効果的な理由は?効く部位


・ふくらはぎ
・太もも(前)
・太もも裏(ハムストリング)
・ヒップ
・背中
・お腹



体のトレーニングをするときのポイントとして、大きい筋肉を動かすことが大切です。

ですから、「 太もも、広背筋、大胸筋 」、この3箇所から攻めたいのですが、足の筋肉は体全体の70%を占めているのでやはり効果的な運動として下半身となります。

しかし、ここで感じて欲しいのが、腰、背中にも意識をしているのでじんわりと効いてきませんか?

注意点は?

・動画の中でも伝えていますが、膝を壊しやすいです。体重のかけ方に気を付けましょう。

・太ももと床が平行になるくらい腰を落とします。ここでお尻が落ち過ぎないようにします。

・上体がグラグラ動かないことです。

ゴリラスクワットを1か月間やってみた【体験談】

このスクワットを紹介された時、女性が1日30回やっていました。

性別は関係ありませんが、翌日凄く筋肉痛になります。

しかし、短い時間で筋肉を付けるためには本当に効果的です。忙しい方向け!と言えると思います。

これだけの筋肉を使うので、早く脂肪分解ができ、停滞期をいち早く脱出できる最高のトレーニングです。

時間があれば、ストレッチと一緒にスクワットをやると、より効果的に、キレイなボディラインを手に入れることができます。体が硬くても、自宅でも簡単に、気軽にできる!そんなことを体験談をもとに、書いた記事をご紹介します。
≫≫ ヨガ初心者【体が硬い人用ポーズ】おすすめ練習方法と続かない時の対処法

 

-ストレッチ, 流行りモノ 、おすすめ

© 2021 シスタろぐ 『 SISTA Log 』~ Yoga Space~ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。