らくだのポーズ1か月体験談 効果とコツ!後屈が出来ない腰痛持ちが克服

ストレッチ


後屈が苦手で逃げてばかりでしたが、この後屈にフォーカスして1か月弱、ついに「らくだのポーズ」出来る様になりました。

スタジオに通っていいた時代、この「らくだのポーズ」を、レッスンのプログラムに毎回入れて来る先生は、たった1人でしたので、あまり出来ない事に対して落ち込んだりせずにいました。

しかし、背中のしなやかさが出来れば、PC作業による肩こりも軽減されて、さらに、背中・腰のリンパの流れが良くなりスッキリするようになりました。

今、できなくて悩んでいて、ここに辿りついているようでしたら、是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

Sponsored links

らくだのポーズが出来ない場合は…

今、「らくだのポーズ」が出来なくて悩んでいるとしたら、是非やってもらいたいのが、「コブラのポーズ」と「弓のポーズ」です。

以前、ブログ内でも紹介しましたが、この二つは初級編です。

実は、この「らくだのポーズ」は中級~上級編です。

体を反らす事に慣れていない状態で、いきなりやるのは難しいと考えているからです。

また、後屈に対する恐怖心がある場合、初級編の2つを活用して段階を踏んで、取り除いて行って欲しいと思います。

らくだのポーズの効果


腹部内臓が刺激されます。
身体の前面、足首前、前太もも、股関節伸びます

肩、腕の付け根、腰、肩甲骨が刺激され、リンパの働きが良くなり背筋も鍛えられますので、
姿勢が良くなります。

これらのことにより、肩こり・腰痛が大きく減り重いショルダーバッグ等を持って外出していた人は、軽さをすぐに実感することが出来ると思います。

また、バストアップにも大きな期待が出来ます。

らくだのポーズの、やり方

storageemulated0SilentCameraSoft1472093958062

1、立ちヒザになって、軽く足を広げます。

2、背すじを正して、息を吐きながら、片手ずつ、足のかかとに手のひらを置く。

3、腰から曲げる感覚で。そこでキープします!呼吸をしましょう。

らくだのポーズの、練習時間

この後屈をやる前に、
まず前屈をしっかりやった後が良いので、少し時間が必要かもしれません。

よつんばいから、呼吸に合わせて背骨を曲げる練習、「キャット・アンド・カウ」などでウォーミングアップしてから、らくだのポーズをやってみましょう。

目安としては、ウォーミングアップで10分、らくだのポーズで3分。

というくらいの割合でしょうか。

らくだのポーズの、注意点とコツ!

e08f71386ba8f2a86a970a1676105e20_s

首が痛い場合と、腰痛持ちの人は、無理をせずにしてください。

まだ柔軟的に出来ない場合は、手をかかとまで付けないで、腰に手を当てておくか、ブロックをふくらはぎの両外側に用意して、そこに手をのせるようにしましょう。

壁に、前太ももと、上半身の前面をくっつけて、姿勢を正してからやる方法も練習としてアリです。

それでももう少し後屈の段階を踏んでみたい場合は、「コブラ」と「弓」のポーズの練習法を下記に貼りましたので参考になれば幸いです。

私も、「ローコブラ → アップコブラ → 弓 → らくだのポーズ」と、この1か月弱、練習をしました。
※参考記事
<a href=”https://sista.tokyo/yoga-koukutu-gyakutenn-dekinai-meisou-kokyuu/”>≫≫後屈ができない…ヨガポーズの練習方法!腰痛の原因とおすすめの始め方</a>

【体験談】らくだのポーズの練習後に感じるかもしれない…揉み返しのような痛み

らくだのポーズを出来た日の夜から、肩甲骨付近を中心として、凄い揉み返しのような感覚を味わいました。

その痛みは2日程度で取り除かれ、あとはスッキリしていますし、この痛みを乗り越えた以降からはずいぶんスムーズで、キープ出来る時間が長くなりました。

少し腰の曲げ方と、胸の出す方向を意識する余裕が出て来た様です。

【後屈のポーズ】らくだのポーズが出来るようになった!

腰痛に悩んで始めたヨガですので、ここまでいろんなことが出来ると思いませんでした。

スタジオで色んな先生に出会い、よく質問したりしてヒント探していたのですが、結局スタジオ通いしていても、直に体を触ってもらってても、「あ!分かった!」となることが少なかった気がします。

それくらい後屈系のアジャストは難しいということです。

ですから、こうして自宅で練習をしているわけですが、これまで出会ったインストラクターの先生で、男性の先生は、説得力のあるアドバイスが出来る人が多い気がします。

結局、言葉で誘導できるインストラクターを探す方が早い!となります。

 

出来ない自分自身が実際にやることも、簡単サラッと出来るわけではない。。。という事なのです。

そして、苦手を苦手と思わない事です。

そんなわけで、私が自宅練習をしながら、身体を柔らかくしたことについて、まとめてみましたので、是非、よんでみてください!

↓ ↓ ↓

※参考記事
① <a href=”https://sista.tokyo/yoga-koukutu-gyakutenn-dekinai-meisou-kokyuu/”>≫≫後屈ができない…ヨガポーズの練習方法!腰痛の原因とおすすめの始め方</a>

② <a href=”https://sista.tokyo/yoga-first-syoshinnsya-mikeikenn/”>≫≫ヨガ初心者【体が硬い人用ポーズ】おすすめ練習方法と続かない時の対処法</a>




 


コメント

タイトルとURLをコピーしました