メンタル強化

優柔不断を克服するために、今すぐ実践デキる練習方法2つと対処法

★悩んでいる人

悩んでいる人
・失敗した時の責任が怖い

・自分に自信がない ・必要以上に悩み先延ばしにして、チャンスを逃しまくり…

・これ以上、人生を無駄にしたくない

優柔不断のせいで決断が出来ず、チャンスを失った…、考え抜いた頃にはヘトヘト…などと思ったりすることもあるでしょう。

決断力さえ早ければ、貴重な時間、人生を無駄にすることはありません。

 

失敗した時の想定が強すぎて、怖くなり、自分に自信がない…のが原因です。

正しいこと、安全な道、無難なことである証拠や確信がないと動けなくなってしまうため、レストランで、オーダーのする物を決めることすらも、考え込んでしまいます。

 

気になること、自分で決断しなければならないことに直面した時、逃げずに今よりも早く選択をする力を養えたら、一緒に時間を共有する友人や同僚にもイライラさせることはありません。

 

頭の中いっぱいに考え事をして、本来やるべき「今この瞬間」の事柄に、まったく集中ができない…となると、いつまで経っても先に進まないので、今スグできることから自分を改善するために、実践する方法と理由、改善した結果を解説します。

◆自己紹介

KEIKO
こんにちは。KEIKOです。

人材派遣会社のコーディネーター歴3年半。たくさんの方の面接・仕事のマッチングをしてきました。

2014年にヨガを習い始め、現在6年目。週5日ヨガスタジオに通ってました。

① 腰痛改善することが目的でしたが、-13㎏の減量に成功!
② 風邪を引きにくくなり、身体のコリほぐしが得意です!
③ 現在は、心の鍛え方に夢中で、毎日自分と向き合っています。

本記事の内容 / 目次
◆優柔不断を克服する理由を考えてみよう
◆ 面接など人前で話す時、優柔不断を一時的に消す対処法【実例付き】
◆優柔不断を克服するために実践する2つのこと
◆優柔不断の人がコミュニケーション能力を養う
◆優柔不断から決断力アップしよう!
◆優柔不断を克服して、自分に自信をつけ決断して生きたい方へ

優柔不断を克服する理由を考えてみよう

先々のことばかり考えて不安になり、ヘトヘトな心になってしまう…ことそのものがストレスであり、自律神経までやられてしまいます。

優柔不断な自分を嫌う必要はありません。

ただ、『自分に自信がない』だけなので、それを改善すれば良いだけです。

『やらない』という結論はありません

逃げてきたこと、考えすぎてきたことが、精神的にしんどいでしょう。

これからやることは、簡単に手掛けることが出来て、費用もかかりません。

やらない…、どうしよう…と考えているだけだと、そのままいつまでも自分は変わりません。なので、小さいことからやってみましょう!

優柔不断さを、長所に言い換えた部分は残すこと

ただ一つだけ…、優柔不断な自分でも、良いところはあったはずです。

例えば、

・ 組織に順応できる
・ 反発をしない
・ 相手に耳を傾けることができる

行動ができないだけで、周囲との人間関係はそこそこ傷つけることなく、穏便にこなせてきたのではないでしょうか?

 

損をすることもあるでしょうが、穏便さこそ『 人 』との繋がりを維持できたはず。

 

面接など人前で話す時、優柔不断を一時的に消す対処法【実例付き】




面接や、ココ一番の時など緊張しながらも話す場面は、緊張もします。

優柔不断だと二択が出た時に困りますよね。ここで伝えたいのが、相手に不安な気持ちを与えずに『 一時保留 』にする手段です。

『 どんな状況でも堂々と話せるネタを作ることで、共感を得る 』コレが狙いです。

どんな人でも簡単に始められる内容になっていますので、優柔不断を克服したい人はぜひ実践してみてください。

① 頭を整理整頓する

相手を和ませるネタを探します。笑いを取るネタ…という難易度が高いものではなく、相手と近づけるネタを探します。

面接官や、相手となる人から聞かなくても自分から、『 相手が知りたいであろう内容の話しを先にする 』と相手は興味関心を持ちやすいです。

 

そのネタというのは、自分の身を削ったネタが一番いいです。

・ 自分の得意なこと
・ 自分の苦手なこと
・ 普段の過ごし方
・ 家族との会話
・ 自分という人間の性格

自分を高く出すネタもあれば、自分の欠点を出すネタもあります。

② 紙に書きだし

慣れない間は、紙に書きだしても良いです。

私の実例

・ 運転が下手
・ バックで駐車ができない
・ 親に叱られやすい
・ タイピングが得意
・ 体の柔軟性がある
・ メイクアップアーティストで芸能人も担当した経験あり

箇条書きでも良いですし、文章化させても良いです。

③ 声出しの練習【実例あり】




紙に書いたら、声に出してみることです。棒読みだと相手に響きません。

音読は、自分のキャラクターに合った言い回しを知るきっかけとなります。

私のトーク例

『 私は今年、地方移住をしてきました。まだ色んなことが出来ないんです。車の運転も下手で駐車が出来ません。「在宅ワークをやりたい!」と親に言ったら、地域を知ることが大事だから、一度外で仕事をしてみなさい。とアドバイスされました。確かに…と思って、私も運転が下手なので、まずは自宅から近いところで、接客のバイトをしてみようと思いました。接客なら、方言も覚えるチャンス!と思って、敢えて近場のサービス業を選びました。この業種は初めてですが、接客は長年勤めてきたので、ある程度の基本くらいは?できると思います。』

ごまかしがない、事実を話していますが、自分の欠点から始まり、家族との会話、その会話から自分で判断したこと、ポジティブに受け止めた結果、自分の得意なことを控えめに話しています。

 

ストーリーかけて話しているので、相手は『へぇ~』って言うんですね。できない事を話しているので、私は完璧ではないことを伝えています。

その中で、これから色んな質問をされますが、答えられない部分に対するマイナスを免除してもらえるように、許しを得ることができるでしょう。

トーク例は、約250文字くらいの量を話しています。少々ボリューム多めです。

それが、信頼を得るための、最初の突破口だからです。

相手と和んで話しをすることは、自分がリラックスして会話をすることです。

こんな弱点があったので、誰かにやさしく地域の情報を教えてもらいたかったんですね。

優柔不断さを克服するまでの間に必要なのは、コミュニケーションが重要。

優柔不断を克服するために実践する2つのこと

克服するまでの、道のりは誰にでもあります。

共通して言えることは、毎日練習をやり続けることです。

もしかしたら、上記で説明した対処法よりも簡単かもしれません。なので、これから優柔不断を克服したい場合は、ぜひ日々の日課として行動してみてください。




メニューを見てコレ!と決める

一瞬で決めるトレーニングです。

インターネットからだダウンロードしてみましょう。レストランのメニュー表や、洋服のカタログ、スーパーのチラシとか見ても良いです。

一瞬で決めるためには、写真を見て、『コレ』と指をさして、声を出すこと。

メニュー表を一通り目を通してもOK。ただ、ジッと見ないでください。パラパラと一度だけ見て、一番印象に残っていた物を決断してください。

瞑想ヨガ・マインドフルネス瞑想

優柔不断な人は、頭がゴチャゴチャしやすいです。色んな情報を頭にいれないと不安…だからでしょう。

色んな角度から見て、先行きを想定しようとする性格はとても良いことです。ただ、情報を集めすぎた結果、慎重になりすぎると、時間はかかるし、まったく物事が進みません。

一日の中で頭を真っ白にするための時間を持ってみると良いです。そうすると答えが見つかってくることが多々あります。

 

まさに、直感力を鍛える練習とも言えます。

多くの芸能人・起業家さんなども頭をリセットするために取り入れているので、かなりおススメです。

※参考)
≫≫ヨガ動画・わかりやすい6選!ヨガ初心者が自宅でやる前に注意する事

優柔不断の人がコミュニケーション能力を養う

そもそも自信がないのに、コミュニケーション能力を…というと、無理あるよ!って思うかもしれませんが、人間関係を築くことが一番手っ取り早いです。

優柔不断すぎるのは、相手を振り回してしまうこともあるので、良くありませんが、相手との人間関係さえ築けていれば、多少のことは許してもらえます。

自信をつけて、『 コレっ! 』と決められる自分になるまでには、それなりの時間がかかりますのでね。

ヨガの世界で言うと、『 骨盤が安定すれば腹が座る 』『 胸を開けば、心が開きコミュニケーションが取れる 』のです。

参考記事にて第5チャクラの話を載せておきます。「コミュニケーション」をテーマとしたお話しを掲載しています。

※参考)
≫≫第5チャクラをヨガで活性化させる…とは?簡単に意味・開き方を解説

優柔不断から決断力アップしよう!

今回お話した、「優柔不断の一時的な対処法・優柔不断を克服する練習方法」を実践すると、少しずつ自分の気持ちが楽になり、直感力・決断力が上がってきますよ。

再度、ご紹介した内容をもう一度おさらいしましょう!

◆ 面接など人前で話す時、優柔不断を一時的に消す対処法【実例付き】

① 頭を整理整頓する
② 紙に書きだし
③ 声出しの練習

◆優柔不断を克服するために実践する2つのこと

① メニューを見てコレ!と決める
② 瞑想ヨガ・マインドフルネス瞑想

最初にメニューを見て一瞬で決める練習をやりました。そのあと、「紙に書きだし」「声出し練習」をやりました。劇的に変わったのが、「ヨガ」を習い始めてからです。

掘り下げていくうちに頭の整理整頓が上手くなりました。

ヨガは神秘的な部分がありますが、自分を落ち着かせ冷静になり、客観的に見つめること、判断することも出来るので大変オススメです。

優柔不断を克服して、自分に自信をつけ決断して生きたい方へ(ヨガを始めたい!初心者の方へ)

① 人の目を気にしない
② 結果を気にしない
③ 失敗してもやり直せば良い

これらを教えてくれるのはヨガでした。

最近は、『 無料動画 』『 体験レッスン0円 』も多数あります。

身体が硬い、太っている、不格好が恥ずかしい…という周りからの目線を気にせずにできる環境も、ここ最近はたくさん増えてきてます。

男性・女性関係なく、画面切替もできるのでプライバシーも守れます!

その中でも確実に、自分の成長ができ、気持ちが楽になること、間違えありません。さらに、各スタジオかなり工夫していて、内容が濃くなっておりますので、自分に合う形が見つかる可能性も高い!

12か月間のご利用で、通常価格より月額1,000円~2,000円オフ。(月謝1,000円~6,000円くらい)自分の身体を慣らせて定着するにはちょうどいい期間です。

期間限定で『 体験1か月間・無料キャンペーン』をやっているところもありますので、気軽に始められます!

ぜひこの機会に、挑戦してみてください!
※参考記事
≫≫ヨガ動画・わかりやすい6選!ヨガ初心者が自宅でやる前に注意する事

-メンタル強化

© 2021 シスタろぐ 『 SISTA Log 』~ Yoga Space~ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。