ヨガ

鼻呼吸が苦しい時のストレス撃退法【メリット&ヨガの上手なやり方】

◆ お悩み内容

悩んでいる人
育児で疲れ気味で、心も身体もダウンしてます。

風邪も引きやすくなっているし、コロナ時期なので免疫力アップをさせたいし、毎日「元気な気分」で生活をしたい!

風邪などの体調を崩しやすい時期になりました。日々の手洗いなどこまめなケアが大切なわけで、皆さんいろいろと試行錯誤をしていることと思います。

テレビなどでは、「鼻呼吸をすること」をおすすめされていますが、実際に鼻呼吸が良いとは聞くけど苦しくてなかなか上手にできない。という方がほとんどでしょう。

鼻呼吸のメリットと検索をすれば、たくさんの情報はでてきますが、イマイチわからない方に向けて、これから自宅でも簡単にできる免疫力アップ・気持ちのモチベーションアップに関連してご紹介をします。

毎日、元気な気分で明るく生活をしたい方、ぜひ読んでみてくださいね、

今回は、顔つきが変わるなどの、美容に関しての説明も致します。

◆ 自己紹介

KEIKO
こんにちは。KEIKOと言います。
2016年にヨガを習い始めまして、腰痛改善することが目的でしたが、13㎏の減量に成功しました。
週5日通ったスタジオ。痩せるだけではなく、体調の変化にも気づき、風邪を引かなくなり、身体が丈夫になりました!
スタジオではたくさんの人に出会い学ばせてもらい、自主練と心のモチベーションが大切なことに気づき、日々勉強中です! 

本記事の内容 / 目次

★ 鼻呼吸をする【メリット5つ】と理由

★ 鼻呼吸が苦しくて継続できない時【3つの対処法】

★ 鼻呼吸とヨガを上手に使って、ストレス撃退する方法

★ 鼻呼吸で【顔つきが変わる×人生変わる】という話について

★ 鼻呼吸をする重要性【意外と知らない、大切なこと】




鼻呼吸をする【メリット5つ】と理由

鼻呼吸と口呼吸では、酸素を取り入れる質や量が異なります。

鼻呼吸をすることの方が、より上質な酸素を取り入れることができますので、おすすめです。

まず初めに、実際に「酸素が体にとってどう良いのか?」をお話しします。

鼻呼吸と筋肉・内臓を鍛える

酸素が血液に触れると、血中のヘモグロビンに結びつきます。

全身の細胞、組織、筋肉、内臓…に送り込まれて、元気にしたり、丈夫にすることができます。

そして、新しい細胞や組織に生み出す役割もあります。

血行(血流)を良くして老廃物を流す

酸素が血液と結びつくと、キレイにするために燃えます。浄化すると言いましょうか。二酸化炭素として放出されます。

キレイになった血液があるおかげで、栄養価の高い食品、サプリなどを摂取したらきちんと吸収できるわけです。

鼻呼吸をすると記憶力・集中力がアップする【脳神経をキレイにする】


脳は身体と一緒で、何かを考え、意志を働かせ、行動するので、消耗するものです。なので酸素が必要です。

頭を使うことで、意志を決め、「さて、今日はあそこに行ってみようか?」などと、筋肉に指示をして動かせます。

きちんと行動できるのは、各部位に神経があるからです。脳は大切な司令塔です。だから脳こそ十分な酸素が必要なのです。

また、集中している時や、勉強などの記憶インプットさせている時は、交感神経がフルで動きます。

脳の疲労のもとである活性酸素も大量発生するので、酸素をしっかり効率的にとれるようになれば、集中力も記憶力もアップします。

仕事や家事、やるべきことなどを、時間内にしっかりこなすことができます。

鼻呼吸で精神を鍛える

自律神経の乱れなどでお悩みの方は、メンタル強化についても気になると思います。

精神を鍛えるには、元気な身体が必要です。

現在、ストレス、頭痛、うつ病、むくみ、免疫力の低下、風邪を引きやすい…などのお悩みの方は、まずは、身体の元気を取り戻すように、呼吸の練習を少しずつ取り入れることをおすすめします。

一つでも問題解決がされたら、自分に自信が持てるので、精神力もおのずと上がります。

最初は1分~3分の鼻呼吸トレーニングでも、継続していくと、15分とかできるようになります。精神を整えるトレーニングになります。

心を落ち着かせ、右往左往しない自分でいられること。どんな場面に出くわしても、客観的に見ることができるようになります。他人にどう言われたり、目で追われたりしても、落ち着いて処理する力を養えてきます。

鼻呼吸は、美肌・若返り効果が抜群!【美容家の私が語ります!】




美容家として20年ほどあらゆる現場で経験を積んできました。たくさんの人に出会い、触れて、楽しい話、豆知識、悩みなども聞いてきました。

美を追求する女性は、些細なこともやってみる!という傾向があります。一日のライフスタイルに、ほんの少しの工夫を入れてます。お料理で言ったら、隠し味をちょろっと入れる感覚。

女性というのは、男性よりもストレスを抱えやすいので、リフレッシュするために、簡単に手軽に取り入れられること。家庭がある方であれば、安くできることを探します。

リフトアップ効果が高いのが、この鼻呼吸です。

また近年、若年者の方が「白髪」が多い傾向にありますが、白髪というのは元々、血液の流れで決まります。

先ほどもお話ししましたが、血液に老廃物が入った状態では、キレイな血液が戻されず、キレイな細胞が作られません。髪の毛も栄養素がたりなくて、コシがなくなったり、抜け毛、白髪…となります。

肌であれば、肌の入れ替わり28日周期を遅らせてしまったりして、細胞チェンジができず、シミ、くすみ、しわ…などの気になることが増えます。

これで多くの酸素を一度にできるだけ多く、効率的に体内に入れ込むことの重要性がわかりましたね。

鼻呼吸が苦しくて継続できない時【3つの対処法】

鼻呼吸は、最初は苦しいものです。難しく考えてしまうと諦めの原因になったりします。

人は、無意識に行動する生き物なので、今まで口呼吸が当たり前だった人が、意識的に鼻呼吸にする!と決めたときから、慣れるまでの間きつく感じたりします。

「キツイけどがんばれ!」と言いたいところですが、そうは言ってもなかなかできないものです。

これからお話しすることは、鼻呼吸初心者に、毎日24時間生活する上で、上達していける方法を3つご紹介します。

鼻と口を使う(リフレッシュ効果あり)

「鼻から吸って、鼻から吐く」が基本ですが、それが慣れずに、しんどい場合があります。そんな時は、「鼻から吸って、口から吐く」でも良いです。十分に肺に空気を入れて、口から勢いをつけて吐くと、いくつかの効果があります。

① 腹筋を鍛えられる

② リフレッシュ効果

③ 自律神経のバランスを保つ

3分間だけやってみる(集中力アップ)

「ベース呼吸法」といわれるものです。

「4秒吸って、8秒で吐く」

片手間でもできます。仕事の合間に、1分でも2分でも構いません。それが慣れてきたら、少しずつ時間を長くしていく意識をすれば良いだけです。

また、集中を伴う仕事をしている方、事務職でパソコンに向き合っている方、にも小まめに取り入れて頂けたら、さらに作業効率・持続力・集中力がアップします。

マスクを使う


※参考
≫≫ReBNA EVOLUTION レブナ エボリューション 鼻呼吸トレーニ ングマスク (Mサイズ)
※参考
≫≫ReBNA EVOLUTION レブナ エボリューション 鼻呼吸トレーニ ングマスク (Lサイズ)

鼻から吸って、口から吐くトレーニングの一環として、マスクもあります。運動をしていて、肺活量を強くしたい方向けですが、鼻呼吸をすることの練習にとても良いアイテムです。マスクすることによって、「私は今、鼻呼吸のトレーニングを頑張っている」という意識にもなれます。

また、この時期マスクは必須アイテムですので、ちょうど良いかもしれません。

鼻呼吸とヨガを上手に使ってストレス撃退する方法

ヨガといえば鼻呼吸。そして、深い呼吸。
ジワ~っと、身体の固さ、凝りなどに向けてポーズを取りながら、深い呼吸をして緩和させていく方向で、まずは自分の体の不調を、一つ一つ軽減していくことで、呼吸の良さ、ヨガの良さを知ってみてはどうでしょうか。

後屈系・陰ヨガやる

▶▶ リフレッシュしたい

▶▶ ストレス解消したい

▶▶ 前向きな心になりたい

と思っている方は、動きのあるポーズや、ポーズ数を取るアクティブ系のヨガとは違い、一つのポーズを自分の中で心地よくできるものをおすすめしています。

※注意)③の三角のポーズは、立位のポーズでもありますが、体側を伸ばしながら、胸を天井へと開くポーズでもありますので、ピックアップしました。

複合的なポーズではありますが、初心者の方でもヨガレッスンでやりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

▶▶参考記事
≫≫わかりやすいヨガ動画【初心者が自宅で始める前に知りたいこと】

ストレス(自律神経の乱れ)と、呼吸法&酸素の関係性


神経系の中でも、「セロトニン神経」というものがあり、意欲や夢、集中などの力を発揮する神経とは違い、「平常心」を活発にする神経です。

古い…っていうかもしれませんが、坐禅とか、軽く運動をすること、散歩などのウォーキングをしながら、呼吸を整えていくことで、養っていくことができます。

心を落ち着かせて、周りの事柄、自分が不安や怒り等…いやな気持になっている事柄を排除して、元気な自分の状態へと変化させる機能です。

呼吸の仕方を変えると、脳波というものが変化します。3~5分、初心者がやったとしても、間違えなく変わります。

それを継続することで、時間が15分、20分、30分と変わったり、浅い呼吸だったのが、深い腹式呼吸へと慣れていきます。

腹筋を意識して、深くやることで、大脳への刺激を与えているのです。

事業家さんや、堂々と人前で話せる人ほど、こういった自分をリセットすべく時間を設けて、自分の軸がしっかりしている=平常心で、日々を過ごしている傾向にあります。

鼻呼吸で【顔つきが変わる×人生変わる】という話





ここまでで、身体の変化~心の変化までのお話をしてきました。

この「鼻呼吸」関連で、顔が変わる、人生が変わるという言葉をよく目にします。私が考えること、実体験を元にお伝えします。

鼻呼吸で顔つきが変わる

「顔つきが変わる」要素として考えられることが2つあります。

一つ目は、口呼吸だと、口周りのたるみに繋がりやすいので、鼻呼吸にすることによって顔つきが変化します。

二つ目は、オーラの変化です。平常心保たれている状態であること。常にニュートラルに動じない自分であることで、周りが気づくのです。

鼻呼吸で【人生が変わった!】

鼻呼吸は、身体の不調~心の問題までを改善する力があります。

鼻呼吸で人生が変わった!というのは、前より自分がよくなったという証拠です。自覚できるからこそ、大いに喜び、結果を堂々と言えるようになります。

自信がつくのです。

一つ自信が付けば、次のことへチャレンジしてみたくなる気持ちが湧き出てきます。

例えば、お友達を作ってみること、仕事をバイトでもいいからやってみること。など…。

人々は、その積み重ねです。

共通して言えること【私の体験談】

私はヨガからスタートしました。「腰痛」という悩みを解消するためにスタートしました。

ぎっくり腰になって、改善したい!と思ったときに、いろんな改善方法ってあるはずなのに、パッと思いついたのが、ヨガでした。不思議です。

ヨガを通じて知ったこと、それは、「気にしないこと」です。

スタジオで習っている間はなかなかそれを気づけませんでしたが、元々神経質な私が、ヨガに集中すると気にならなくなるといわれ続けました。

最初は肉体改造を目的としていますので、結果を出すだけに集中していたのでピリピリしていましたが、心を預けられない自分に気づいたとき、瞑想の練習、呼吸法の練習だけをするようになりました。

一番効果を感じたのは、自分がリセットされてきたら、周囲が変わるということです。受け答えがしっかりするようになったとき、オーラを感じたそうです。私はそんなことも気にしていませんが。

甘く見られがちだった自分が、しっかりした人と見られるようになりました。

ただこれからの時代は、もっと「自我」というものが必要なのではないでしょうか。自分で考えて、自分の意志で行動をする。自分という人間を意識すること。

冷静に判断をできるように、そして直感を鍛える努力。

まだまだ課題です。

鼻呼吸をする重要性【意外と知らない、大切なこと】

大きな悩み、小さな悩み、人それぞれあると思いますが、改善したらどんな世界がみえますか?

もしも、自分が元気だったら家族・家庭はどんな空気になるでしょうか。

もしも、自分が元気だったらどんなお友達が寄ってくるでしょう?

自分が元気なエネルギー・オーラを放つことが出来たら周りも変わるかもしれません。

イメージをしてみてください。

▶▶ 旦那が稼ぎ柱になる時代でもない

▶▶ 女性が家事をメインにやる時代でもない

▶▶ お金持ちでキラキラ系の生活が全てでもない

リモートワークが推奨される時代となり、働き方が一気に変わりました。在宅なのでブランド品をいっぱい持つ必要ってあまりないですよね。

むしろ動きやすいリラックスできるルームウェアの方が今は欲しくないですか?

自分のエネルギーを変える

今までのエネルギーの出し方、エネルギーの色を変えてみるとわかることが沢山あります。

そして、エネルギーを出す方向によって得られる結果が変わります。

新しい友人ができる

新しい仕事に出会う

新しいやりたいことが見つかる

新しい住まいなどの環境が見つかる

など…

自分で得たエネルギーを、テレビを見続けるとか、物欲などの方向に言ってはただただ消耗するだけですので、そこだけは注意してください。

自分で変わってみたいと思ったときに起こる現象




「あの人が苦手」「これやる気起きない」という悩みがあったとします。

忘れるように心を落ち着かせる呼吸を繰り返し練習していると、気づけば嫌なことを思い出す毎日が訪れたりします。そのたびに思い出し、苛立ったり、悲しんだりします。

でもそれは、自分を強く鍛えるお試しの時期です。

私も3か月間くらい思い出す日々が続いたことがあります。

そんな時、ポンっとやりたいことが思い浮かんだり、急遽やらなければならないことが多々出てきたりします。

その目の前のことを必死でやっていると、次に暇が出たとき、何も思わなくなったりします。そこで感じます。

「あぁ、ちっぽけだったな」って。

その後、また嫌だと思っていたことを思い出しても何とも思いません。

「そんなことあったね。懐かしいね。」程度で終わってしまいます。

だから気にしないでください。ちょっとキツイ時期もありますが、そこで老廃物のようにデトックスできたら何とも思わなくなりますから。

直感を養うことができる

何かの判断に迷ったら、一度検討する時間を設ければ良いのですが、そこで「モヤっ」とする自分を大事にしてください。

そのモヤっとする感じを無視して、即座に決めてしまうのは危険です。

モヤっとするのは、自分から自分への黄色信号が出ている証拠。

モヤっとしないようにするためには、日々自分の抱える小さなストレスや疲れをリセットしてあげること。

思考が現実化される時代

2020年12月ころから、私がとても意識している言葉です。自分へのメッセージとして降りてきた言葉だからです。

思考が現実化されるのでポジティブにね!

とのこと。

嫌なことを考えていれば、ずっとそのループにハマるわけで…。ただ無理してポジティブにいて!という意味ではありません。

頭空っぽにして、ニュートラルな自分でいることです。

自分の人生、どんな人生が楽しいか?など、自分だけにフォーカスして、想像をして現実化していけば良いだけです。

そのために必要な勉強、努力、時間、予算などを計画していけば良いだけです。

周りがあーだこーだ言う世界の話は、右から左へと聞き流せば良いだけです。

まとめ… さぁ!鼻呼吸を一緒にしてみませんか?

鼻呼吸といっても、非常に奥が深ので、書きまとまらずここまで長文で失礼いたしました。

鼻呼吸は自分で毎日数分、スキマ時間などから取り入れてみても良いです。

そして、慣れてきたら、今日は15分やってみる!などの時間を決めても良いでしょう。

慣れて来ると、目を瞑っても、15分後には目を開けられたりします。

そして、自分ひとりで練習も良いですが、時にインストラクターのリードを貰いながら、

ヨガをする同士で集団でやってみても良いです。

人が見ていても、しっかりできる自分を造り上げることがとても重要だからです。

-ヨガ

© 2021 シスタろぐ 『 SISTA Log 』~ Yoga Space~ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。