ヨガ

第5チャクラをヨガで活性化させる…とは?簡単に意味・開き方を解説

◆お悩みの内容

悩んでいる人
・第5チャクラをヨガで活性化させたい ・チャクラの話は難しいので簡単に教えてほしい

第5チャクラ…の活性化・開く方法についてのお話です。

チャクラと言うと、とても奥が深く理解をするのも、伝えるのも少し工夫が必要です。今回は、第5チャクラについて簡単に分かりやすく説明します。

 

喉の痛み、息苦しい感覚から始まり、コミュニケーションが上手く取れない…などの悩みを、モチベーションを上げるために、ヨガを使い、どうやって自分を調整していくか?という内容を、見ていきましょう!

 

◆自己紹介

KEIKO
こんにちは。KEIKOです。
2014年にヨガを習い始め、現在6年目。週5日ヨガスタジオに通ってました。
① 腰痛改善することが目的でしたが、-13㎏の減量に成功!
② 風邪を引きにくくなり、身体のコリほぐしが得意です!
③ 現在は、心の鍛え方に夢中で、毎日自分と向き合っています。

本記事の内容 / 目次
◆ 第5チャクラをヨガで活性化
◆ 第5チャクラを開くヨガポーズ5つ
◆ 苦しい・喉の痛みを感じた時
◆ 第5チャクラのメリットと注意点3つ




第5チャクラをヨガで活性化

第5チャクラ = ヴィシュッダ = 青色のチャクラ

第1チャクラ → 第2チャクラ → 第3チャクラ → 第4チャクラ

と、骨盤の中から通って、上に向かい突き上げてきた、自分のエネルギーが、声として表現される場所です。

その感覚・特徴を見ていきましょう。

第5チャクラの意味

メンタル

◆ スッキリ
◆ 清々しい
◆ 解放感
◆ 滞りのない

肉体的

◆ 拡張
◆ 透明
◆ 広がり
◆ 重さがない
◆ 透き通る
◆ 無抵抗
◆ なめらか

自分の調子の良さ・悪さが、声をもって出て来る場所です。そこには、安心感・自信の有無もあるでしょう。

相手に物事を伝える、大切なポイント地点です。

ヨガが良い3つの理由

◆ 肉体と共に鍛えていける効率の良さ
◆ 費用が安い
◆ 自宅で練習できる

ヒーリングセッションは一回10,000円以上したりします。実際に会ってセッションを受けることが効果的ですが、行くまでの時間もかかります。

アロマオイルはヨガをやる時も非常に良いツールです。しかし、アロマだけを使用することはおすすめできません。

本当に体の中に癒しとして取り込みたい場合、身体の滞りなどをほぐしながら使うと効果的だからです。



第5チャクラを開くヨガポーズ5つ

第5チャクラにとても効果的なポーズをご紹介します。

のど・胸を開くポーズ
前屈・逆転をして肩・肩甲骨まわりをほぐすポーズ

をご紹介します。

橋のポーズ

【セツバンダー・アーサナ】と言います。

姿勢を整える
気持ちを前向きにする
バストアップ
肩こり緩和
血行促進
背筋を鍛える
首・肩のマッサージ効果

背中立ちのポーズ ・肩立ちのポーズ

背中立ちを【ヴィパリータ・カラニー・ムドラー】と言います。

肩立ちを【サーランバ・サルヴァーンガ・アーサナ】と言います。

逆転のポーズです。普段の生活では、意識をしない限り、足を心臓よりも高く上げることはしません。

頭・・・月
お腹・・太陽

頭から来る月を、おなかの太陽が飲み干してしまう…
= 老化

 とインドの哲学では言われています。

老化を防止する意味で、逆転ポーズが効果的です。

効果としては、、、

◆ 頭脳明晰
◆ 若返り
◆ 消化不良
◆ 内臓垂下
◆ 便秘防止

自律神経が弱い方にはとくにおすすめです。

※参考)
≫≫背中立ちができない…逆立ちのコツと効果!1か月で出来る方法

鋤のポーズ

【ハラーサナ】と言います。

第5チャクラに特化したポーズです。

背中立ち→肩立ちのポーズまで出来るようになったら、鋤のポーズにチャレンジしてみましょう!

背中立ち・肩立ちのポーズの効果に加えて、甲状腺の働きを良くする効果があります。

のどのチャクラを刺激するには、ひたいの奥から流れている、月の要素を安定させること。

のどの安定・若返りへと繋がります。

コミュニケーション能力を高めたい方は、ぜひチャレンジしてください。

※参考)
≫≫背中立ちができない…逆立ちのコツと効果!1か月で出来る方法

月・ウサギのポーズ

【シャシャンカー・アーサナ】と言います。

月・ウサギを意味した由来があります。

月は、静けさと平和の象徴であり、心をやわらげる振動を送っています。

怒りをおさえる作用があります。

背骨を曲げることで、柔軟性を高め、血流をよくします。また、深い呼吸をすることから、おなかの不調、骨盤の修正、生理の問題改善にも良いです。

 

頭を、床につけて刺激するので、頭の疲れも取れます。

ヴァーダ・ピッタの過剰をおさえる力を持っているので、複合的に良いです。

ダウンドッグ

【アド・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ】と言います。

とてもよく練習課題として出て来るポーズです。

『 コミュニケーションのポーズ 』と言われています。

相手の言葉に、じっと耳を傾けること、犬になりきることで、謙虚さ、落ち着きを教えてくれます。

話すこと、聞くこと、両方を養い、バランスよく人付き合いができるようになるポーズです。

ポイントは腰を伸ばすこと!

※参考)

≫≫第3チャクラとは【ヨガvs瞑想】効果的に痛みの改善ポイント3つ

苦しい・喉の痛みを感じた時





原因は、自分を抑えつけて行動した時です。

自分の本心はコレ!と思っていても、他人からの評価、世間の目を気にして、意図しない道でも「はい!」と言うこと。それが自分に対してのウソです。

「嫌だなぁ~」って思った言葉こそが、声に緊張感を作ってしまい、不自然に現れます。

対処法

自分の意見があるなら、「自分は○○だと思います。」と一度は提案することが理想です。

そこで、周囲から「いや、間違っているだろう。」といわれても、それはそれで「そうですか。」で帰ってくれば良い。

まったく表現をせずに腹の中に押し付けた状態…は、ストレスを抱える原因です。

ただ、何度も言いますが、自分を表現するためには、第1~第4チャクラまでがキチンと整っていることが前提です。

人に物事を伝える時のポイントは、
背筋が伸びていて、きっちり正面から相手を見れるようになっていること

第5チャクラのメリットと注意点3つ

・ 話が下手
・ 話すことが苦手
・ インキャラ
・ 人見知り
・ 空気が読めない
・ つい攻撃的になってしまう

という方には、ぜひヨガを実践して、自分を変えるトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

第4チャクラまで調整されていると自然と出来上がる、声の表現。コミュニケーション。

話すだけではなく、他にもメリットはたくさんあります。



① 日々に感謝ができる

当たり前に過ごしている日常に感謝をすることはできていますか?

◆ 今日無事に過ごせたこと
◆ 生きるために必要な食事をきちんと食べれたこと
◆ 今日の天気が晴れで、気持ち良い太陽の光に触れることができたこと

など・・・

気分転換に外の空気を吸ってリフレッシュできたりできる外の空気。

そんな当たり前で、小さなことに感謝を持てたりするとが、自分から出るオーラを変えます。

軽い感じで過ごせていることこそ、周囲の人にやさしさが伝わります。

そのためには、身体にある不必要なものを取り出すことが必須です。

② ストレスフリーになる

言葉の力は最強です。

自分にとって不快な思い、不快な言葉を聞いたり、発したりすると、ストレスが溜まります。

不快な思いをしないためには、自分が「なにを引き寄せるのか?」によります。

いつもネガティブな言葉を発していたら、それは自分に返ってくるわけですので。ネガティブな言葉を発しないところから始まり、以下2つを気を付けましょう!

◆ ネガティブな環境に行かない
◆ ネガティブを聞き流す

③ 我慢をせずに、のん気に生きる

第5チャクラは、強いエネルギーではありません。

第1チャクラから、これまで積み上げてきたトレーニングの結果が出る場所です。

結果として、自然と発することができる声

ありのままに、のんきに生きる

そんなことをしていると、自然と、自分のやりたいことを見つけ出し、向かい始めます。

まとめ…自然な状態で生きる

自然な状態で生きるためには、まずは落ち着いた心を取り戻すことです。

落ち着けば、人の嫌なところを見ても気にならなくなるでしょう。

社会で生きていれば、色んな関わりがあります。毎日、いろんなものを見て感じることが意識をしていることになります。

一日いろんなことが起きた中で、知らず知らずのうちに、蓄積される不要なものを、毎日必ずリセットしていくことが重要です。

そのために、『 呼吸を整えて、身体をほぐし、自分の静かな時間をつくる 』こと。

私が学んでみて、おすすめのヨガ動画のご紹介をしますので、ぜひ参考にしてみてください。
また、瞑想・マインドフルネスもヨガレッスンの中で勉強をしておりまして、記事を書いてみました。

≫≫ヨガ動画・わかりやすい6選!ヨガ初心者が自宅でやる前に注意する事

≫≫【瞑想効果がすごい】寝る前5分で頭を空っぽに!スグに寝落ちする方法

≫≫瞑想×マインドフルネス【5分間で効果でない時のやり方5つ!】【順番あり】

-ヨガ

© 2021 シスタろぐ 『 SISTA Log 』~ Yoga Space~ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。