ウォーリア2は股関節を開いて太もも痩せになる?家で簡単下半身トレーニング

      2016/09/10


sponsored link

足先がひんやりするのは私達の体には末端になるほど毛細血管が少なくなっているからです。

そこを意識的に動かしてあげることで身体の血の巡りが良くなり、冷えから起こるむくみも解消されて、足が細くなります。

前回お伝えしたウォーリア1に続き、ウォーリア2の紹介をします。

・ウォーリア2の効果と難易度

1、ウォーリアシリーズはいくつまであるの?

ウォーリアという名前ですが、別名「戦士のポーズ」「勇者のポーズ」「英雄のポーズ」とも呼ばれています。

14までのシリーズがあり、中でも第3のポーズだけは、バランス感覚も必要とされているので一番難しいと思います。分解して練習する必要があるかもしれません。

2、ポーズの効果は?むくみが解消してスタミナがつく!

足、足首を強くし、さらにヒップも伸ばされます。腹部内臓の強化もされます。胸と肩を広げるので肩こりや上半身にも効果が期待出来ます。腰痛、腱鞘炎、座骨神経痛、不妊症、骨粗しょう症改善にも有効です。

スタミナを高める効果があり、身体の芯から元気になれます!
sponsored link

・英雄のポーズのやり方、コツ、注意点

1、やり方

<右側>

①手を横に開いて、手首の下付近まで足を広げます。

②右のつま先を真横に向けて、膝頭もつま先と同じ方向を向かせます。左足は少し内股になるように調整しても良いです。
20160903_143931

③骨盤と背骨は真っすぐに保ちながら、息を吐きながら、右ひざを曲げます。
20160903_143948

膝がちょうど足首の下に来るくらいのところまで曲げます。(膝を曲げて90度になるくらいまで。太ももが床と平行になるまで)

④骨盤が右側へ倒れて来ているかもしれないので、一度手を腰に当てて骨盤の高さを確認します。骨盤を真っすぐに直して、背骨も真っすぐに直せたら、再び手を横に戻します。

ここでキープします。5呼吸くらいを目安に深く呼吸しましょう。

2、足幅と骨盤について

右側をやるときは、右側へ重心がかかりやすいので、骨盤も右が落ちて、左が上がりやすいです。
その調整は必ずキープする前にやりましょう。
足幅は、腕の長さを尺代わりに使って、目安として広げていきますが、股関節が硬い人はそれよりも狭くて大丈夫です。
柔軟性は毎日やっていれば養われていきます。1つのポーズだけに着目してやり続けると苦しくなったりもするので数多く短時間で柔軟を高めていけたらいいと思います。

柔軟性を高めたい場合は、コチラのページをご覧ください!!

3、コツと、気を付けて欲しいこと

右側を踏み込んでいる時は、左足に力が入りにくいものです。左の足裏はピッタリと床に付ける感覚を持ちます。左足のふくらはぎ、太もも、ヒップはしっかり伸ばす感覚です。右の踏み込みに捉われすぎないできちんと力強く重心をかけていくことが大事です。

腕は左右の肩甲骨を引き離す感じにします。

・初心者でも自宅で簡単に出来る

1、立位のポーズは、おうちヨガとしてできる

寝転がってやるものではないので床スペースをあまり使いません。ちょっとした場所で簡単に出来るので手軽です。呼吸ペースなどを考えて、音声でのリードがあるとベストです。

2、簡単で初心者向けのポーズ

骨盤調整と足の重心のかけ方だけ意識すればほぼ完成に近いので、初心者でも挑戦できやすいものです。今回の第2ポーズは、生まれて初めてスタジオでレッスンを受けた人でもすんなりと入っていけるレベルです。

3、足中心だけど全身に効く!

下半身から形を作っていきますが、背すじを伸ばして、両腕を広げることで背中、腕、肩のリンパの流れも良くなります。このポーズを11つ部分ごとに理解して来たら、汗も大量に出ます。

4、食後、ストレッチ感覚でもOK

509de29c7d32d41f71472cbce6e1f4a9_s逆転系や後屈系と違って腹部に大きく圧をかけるものではないので、食後にやることも出来ます。食事後、下半身のむくみを気にして足の付け根を刺激してあげるこのストレッチを取り入れたらスッキリ出来ますよね。

・最後に…英雄のポーズに関する感想

英雄のポーズは、下半身の筋力アップと、股関節の柔軟性を一番養うことができるポーズです。
立位系のポーズの中では一番のお気に入りです。やればやるほど、日常生活が楽になっていくのが分かったからです。足が強くなると、駅の階段の上り下りが簡単になり、股関節が広がると一歩一歩の歩幅が広がるので時間短縮が出来ます。
また、夜寝る前に少しやるだけで、むくみが取れて朝スッキリ目覚めることが出来ます。
是非、家でちょっとした時間にやってみてください。
sponsored link

全身の凝りを取って、より効果的に下半身ダイエットをしてみたい時はコチラへ

1日10分程度のストレッチが、きちんとしたリードで体験できます。

各ポーズ、体の硬さ別に3パターンずつ用意してありますので安心して始められます。


 - ストレッチ, ヨガ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。