ダイエット中に間食をやめられない…太らない食べ方とオススメのお菓子は?

      2016/09/14

sponsored link

ダイエット中は間食をしてはいけない…という考えが多くの人の頭にしみついてしまっていますが、実はダイエット中でも間食はしても大丈夫です。

目標まで1週間しか時間がない…、どうしても早く痩せたい…とか、時間がない時は少し間食についても考えなければならないかもしれませんが。

今、ダイエット期間が1か月くらいあるとしたら、十分に間食はしても痩せていく可能性がありますのでその方法を紹介したいと思います。

・間食をやめないといけない…と言われる理由

1、カロリーを制御したいから

1日の総カロリーが高くなってしまうからです。摂取されたカロリーが消費されるカロリーより高ければいつまでたっても「痩せない」ですよね…。

例えば、デスクワークや主婦の30代女性が、1日の総カロリーとして 1750kcal 基準になりますが、それを上回らなければダイエットに成功する可能性があるということです。

2、食べている姿がダイエットしてないように見える

これは勝手な人間の考えです。「食べる=太る」というだけで、簡単に言えばそれはそれで正解ですが、本当のダイエットというのは、それだけではないということです。

3、食べる習慣が改善できないから

4ea8da08e9e59127a2ef8b58601aac70_s主食もしっかり3食とって、間食も今までと変わらず摂るということは、何の変化もありませんよね。工夫を持たせるのがダイエットであり、少なからず食べる量か、食べる質が変化するので、ダイエット前とダイエット中では食べる習慣の内容が変わってきます。

どちらかと言うと、食べる事が大好きだったけれども、自分でコントロールできるようになるという感覚です。

・間食をやめなくて良いと考え

1、ストレスを持たせない

お菓子が大好きだった人にとって、いきなり断つのは厳しいことです。そこで抱えたストレスの反動がくる方が怖いです。
よくある、せっかく痩せたけれども、リバウンドが…となりますよね。

2、ダイエットしていることを見せつけない「コソコソダイエット」

「今ダイエット中だから」…と周囲に宣言してやることによって意識は上がりますが、失敗した時が恥ずかしいです。
そして、会社だと出張のお土産とか、飲み会…色々ありますが、周囲に気を遣わせてしまうのはあまり良くないので、できるだけこっそりとやりたいところです。
逆にその方が、痩せた時にアッと驚くような感じで、痩せた方も達成感は計り知れないです。

3、間食をしても大丈夫な食品はたくさんある

ローカロリー、低糖質、低GI値…などの沢山の食品が今たくさんあります。そして、それらを上手に組み合わせていけば、大好きなお菓子も一切やめるということはなくなります。

・間食をしても太らない3つの方法と、注意点は?

sponsored link

1、主食を減らす

食べる事に対する改善をするとしたら、最初に見るのは、主食の質と量です。やはりここは外せません。

今まで、「パスタ+かつ丼」の「炭水化物×炭水化物」みたいな食事をしていたのならば特にです!

例えば、かつ丼が922kcalなので、その半分サイズになったとしたら、461kcalです。

それを13食食べても1383kcalです。少しだけお菓子を取り入れても大丈夫そうに思えますよね。

2、オススメのおやつとその栄養効果

ミックスナッツ

おやつに是非選びたいのがミックスナッツです。

(脂質、食物繊維、カリウム、リン、マンガン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、ビオチン、たんぱく質・・・)凄く豊富な栄養素が詰まっています。

お腹持ちも良く、便秘解消、脂肪酸で体脂肪燃焼を助け、ビタミンで美肌効果と代謝アップに繋がります。

チーズ

たんぱく質、脂質、ビタミンA,ビタミンBがぎっしり詰まったチーズです。こちらもお腹に溜まりやすく、2つくらい食べると満腹感を得る事が出来ます。

抗酸化作用のあるビタミンA、ダイエット効果があるビタミンB2、低糖質なので本当にダイエッターに強い味方をしてくれます。

チョコレート

ポリフェノール、ブドウ糖、テオブロミン、食物繊維、ビタミン・ミネラル類…といっぱい入っています。

老化防止作用や、集中力をアップさせダイエット中でも仕事をしながら十分に出来ます。

3、お菓子を食べる時の注意点

時間を選ぶ

日中帯だとしたら11時と15時にするとか、夜どうしてもお腹が空いてしまう…という時は、チーズを食べてから寝るのでも大丈夫です。

過剰摂取

やはり沢山食べ過ぎるのは良くありません。糖分、塩分が入っているので、むくみの原因にもなりますし、肌荒れの原因にもなります。

飲み物だけはローカロリーにする

飲み物はとくにやめにくいモノと考えています。炭酸を飲む癖、お酒を飲む癖…。
ただの飲み物なのにカロリーが思った以上にカロリーが高く、そして排泄する力がない人が、水分をとり過ぎる事によって更なるむくみになるからです。

排泄力のある、紅茶、お茶、温かいお湯などをおすすめします。

・まとめ…私は普通にお菓子を食べます

お菓子は大好きなので、やめたらダイエットもストレスで続かないだろう…と考えて、少し自分を緩ます気持ちでおやつだけは許可していました。

それでも1か月間で5kgの減量に成功したりもしましたし、おやつが全て悪いという考えは一切ありません。

しかし、一袋全部食べなければ気が済まない性格を考慮して、小さいサイズで区切られているお菓子を選ぶようにしています。 そして、今日は何個だべたかな?と振り返りもします。

食べ過ぎたからと言ってへこむことはありませんが、食べ過ぎた時は食事の時間やおやつの時間を少しずらせば良いだけです。

sponsored link


 - 栄養学, 流行りモノ 、おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。