アーユルヴェーダとは?時間帯別の「3つのエネルギー」で仕事・勉強・ダイエットがはかどる

      2016/08/12

スポンサーリンク

よく、22時~2時までは、痩せやすいゴールデンタイムであるから必ず寝ておきましょう。」と聞きますが・・・、

それってなんで?って思ったりしたので、人間の体と時間について勉強してみました。私がアーユルヴェーダの勉強をした中で一番面白かったことです。そして、これが仕事の効率ダイエットに組み込まれて順調に行き過ぎたところがポイントです!

 

・ アーユルヴェーダとは? 自然医療の知識

sponsored link

3000年以上昔からあるアーユルヴェーダ。インドの自然治療です。

ヨガでもこのアーユルヴェーダを使って様々なことをしていますが・・・

一般的な医学とはその内容が大きく変わっていて、病気の治療や改善だけではなく、予防治療、健康増進、若返りとか、長生き、メンタル的な幸福を招くモノであることです。

 

・3つのエネルギーについて知る

・「」 ヴェーダ (動きを生み出すエネルギー)

┗ 軽い、動くもの、乾燥、澄んでいる、不規則・・・ という連想できる性質である。

・「」 ピッタ(メカニズムを生み出すエネルギー)

┗ 熱い、鋭い、軽い、軽い、流れる、辛い、活動的・・・という連想できる性質である。

・「」 カパ(構造を生み出すエネルギー)

┗ 思い、柔らかい、冷たい、遅い、湿っている・・・という連想できる性質である。

 

・3つのエネルギーは1日の中でも変動していく

これらが時間帯で変わっていくということです。

AM6時~AM10時

」 カパ(構造を生み出すエネルギー)

AM10時~PM14時

」 ピッタ(メカニズムを生み出すエネルギー)

PM14時~PM18時

」 ヴェーダ (動きを生み出すエネルギー)

PM18時~PM22時

」 カパ(構造を生み出すエネルギー)

PM22時~AM2時

」 ピッタ(メカニズムを生み出すエネルギー)

AM2時~AM6時

」 ヴェーダ (動きを生み出すエネルギー)

 

・エネルギーに合った行動をすること(時間帯別 詳細)

AM6時~AM10時 「水」 カパ

起きてから徐々に本格的な活動へ入っていく、助走をしている時間です。

その日一日の充実さのために計画をしっかり立てる時間帯です。

この時間帯にネガティブな考えが思い浮かんでしまった… なんて場合は、それは心身共に疲れが取れてない証拠。

今夜は早く眠りましょう!

AM10時~PM14時 「火」 ピッタ

炎のように燃えて動ける時間です。仕事、勉強、家事、運動・・・とてもはかどります。

やる気全開の時間帯ですので、集中力、分析力、理解力など…間違えなくアップする時間帯です。

食事もしっかり、たっぷり摂っても大丈夫なのは、燃えやすいからなのです。

PM14時~PM18時 「風」 ヴェーダ

思考、アイディアが生まれる時間帯と呼ばれています。創作や情報処理にも向く時間帯ですが、走りすぎるとグダグダに疲れてしまいます。

PM14時~PM16時の間が、最も思考アイディアに優れています。

AM10時~PM14時とはまた違った意味で、仕事や勉強にもとても優れている時間帯だと言えます。

PM16時~PM18時までは次のエネルギーに向かって少しスローダウンさせると良いです。

PM18時~PM22時 「水」 カパ

ゆっくりと就寝に向かっていく時間です。リラックスタイムです。

私のように…この時間仕事をしている…という人は、

・会話は深い話をしない。

・嫌な事には首を突っ込まない。

・重い仕事や宿題は翌日の日中に持っていく。

・自分のために「割り切る」心を持つこと。

という意識でいてみてください。

PM22時~AM2時 「火」 ピッタ

ダイエッターには持って来い!の燃焼スイッチの入る時間です。

寝ているだけで2度も痩せるホルモンが分泌されます。新陳代謝という、体内の細胞が生まれ変わる時間とも言われていますね。肌が生まれ変わる、ターンオーバーの時間でもあります。

※ この時間帯は、照明はできるだけ落とすのがポイントです。

AM2時~AM6時 「風」 ヴェーダ

目覚めるための準備に入ってる時間帯です。深い眠りと浅い眠りを繰り返し、元気に目覚めるそんな時なのです。

 

・時間にも理由がある!

そう思っただけで、「あぁ~なるほど~!」となったわけです。

無理な時間にわざわざ集中を要する仕事をする必要もないし、どうしてもやらなければならない時は、予め準備出来ます。

私のように夕方からの勤務ならば、それなりの準備ができるわけです。

自宅に帰って来てからは、もうパソコンの電源も入れないし、シャワーを浴びてすぐに豆電球でリラックスモードにすぐ入るわけですから。

自分の身体は、必ず自分には嘘をつかないです。だからそこに耳を傾けて、明日も元気に一日生活しよう!という、その自分自身へのご褒美ですよね。

・まとめると…

・ アーユルヴェーダから学んだ 自然医療の知識

3つのエネルギーについて知る

 ┗「風」 ヴェーダ (動きを生み出すエネルギー)

 ┗「火」 ピッタ(メカニズムを生み出すエネルギー)

 ┗「水」 カパ(構造を生み出すエネルギー)

・時間にも理由があるから、予め準備ができる
sponsored link

 - アーユルヴェーダ, 時間に関すること

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。