酵素は本当に痩せる?発酵との違いは?ダイエット効果の落とし穴

      2017/02/01

sponsored link

最近、よく酵素サプリがドラッグストアとかで売られているのを見ますよね。
「酵素、酵素・・・」
って言うから、私も飲んでみましたが、何が良いのか?わかりませんでした。
でも、これ勉強してみると、
あぁ~なるほどぉ~!となるくらい面白いですよ。

酵素とは?

体内では、色々な化学反応が起こっていて、
毎日、新しい物質が作られ、壊されたり・・・
その繰り返しです。

例えば、

・体中に酸素を送り込む仕事をしてくれる→ 「赤血球」
・病原体などの外敵から体を守る→「白血球」
・すばやく止血する仕事をしてくれる→「血小板」

でも・・・
逆に、体内には血液を溶かす化学反応も存在します。

酵素というのは、それ自身は変化しないけれども、化学反応を早めたり、スムーズに進める力があります。

ですから、
栄養の消化吸収に関する化学変化が滞りなく行われるわけです。

酵素はタンパク質で出来ている

sponsored link

リパーゼは、中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する酵素。
アミラーゼは、炭水化物を分解してブドウ糖に変える酵素。
(ブドウ糖は、脳や筋肉に働きをかけるのに必要です)
ペプシンは、タンパク質を分解して、アミノ酸が結合したペプチドに分解する酵素。
(ペプチドは、タンパク質とアミノ酸の中間の物質)

などなど・・・

体内には消化酵素だけで22種類もあります。

 酵素の種類と働き

食物酵素

これは、誰でも知っているはず!
食べ物から取り入れる酵素のことです。

潜在酵素

私たちが生まれながらに持っている酵素です。

潜在酵素の中の2つの酵素

消化酵素

体内に取り込まれた栄養素がエネルギーに変換される酵素です。

代謝酵素

消化酵素で作られたエネルギーを使って、
生きるために必要な活動をするための酵素です。

酵素の弱点

それは、「熱」です。
約60度~70度で働きが弱くなります。
ですから、加熱しないと食べられない食材から取り入れるのは難しいです。

どんな食品を取り入れたらいいの??

・生野菜
・くだもの
・発酵食品

発酵食品ですと、

・納豆
・味噌
・醤油
・漬物
・チーズ
・ヨーグルト

などなど・・・になります。

酵素がないと酸化体質になる。(サビる)

酵素機能がしっかり働かないと、体がどんどんむしばまれて行く・・・
ということになります。

酸化体質になって、体にサビが出来るわけです。
体が、サビた状態では、健康的なダイエットにも繋がりませんよね?

これは間違えなく必要不可欠と言えます。
ダイエットというのは健康です。
ですから、健康的な体づくりを、まずは知ることです。

私はこのことに気づいてから、
約10年ぶりくらいに再び痩せる事が出来ました。

ということで、細かい栄養学の話をまた持ってきたいと思います。
sponsored link


 - 人体学・リンパケア

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。